電験3種通信教育ナビTOP > 学習内容 > 基礎

基礎について

 
電験3種は、国家資格である電気主任技術者第三種の略称です。
第一種、第二種、第三種とあり、扱える電力量が異なります。


5万ボルト未満の高圧受電している建物につき、
必ず電験3種を所有した人を置くことが法律で決められており、
日本国内のほとんどのビルや工場維持に欠かせない資格です。

そのためとても需要が高いのですが、合格率は10%程度と難関です。


電験3種に合格するためには、数学や電気の基礎が大切です。

試験では、理論、機械、法規、電力の4科目全てが
合格点に達することが必要です。

難関資格ですが、必要な学力は、工業高校卒業程度とされています。

つまり、基礎的な学力が要求されているということで、
出題される問題は決して難問ではありません。


特に実務経験がある人にとって
法規と電力は改めて勉強する必要はないほどです。



合格のためには、過去問を研究して、
過去に何度も出題されている問題を繰り返して、
基礎をしっかり固めることが重要なようです。





次の内、電験三種に4ヶ月間で合格できる勉強法はどれでしょうか?
  1. 参考書をかたっぱしから読む
  2. 問題集を何冊も買ってひたすら解く
  3. 勉強法と戦略をしっかり立てる
  4. 満点を狙うためにすべての範囲を抑える
  5. 1冊の問題集だけを繰り返し解く
  6. 合格した知人、友人を探して教えてもらう
  7. 試験に出る問題をヤマを張る

>> 正解はこちら





スポンサードリンク






学習内容記事一覧

基礎

電験3種は、国家資格である電気主任技術者第三種の略称です。第一種、第二種、第三種とあり、扱える電力量が異なります。5万ボルト未満の高圧受電している建物につき、必...

計算問題

電験3種の試験は、実は計算が多い試験になっています。試験内容は理論・電力・機械・法規と分野が分かれていますが、その中で大きくは文章、計算の二つの問題に分けること...

電気数学

電験3種の資格を取得するには、電気数学が出来ること、ここが必須になります。実際、試験の際は知識はあるのに、計算で躓く(つまづく)人も多いようです。ミ...